抽斗の釘

小説、散文、文章、短編

「抽斗の釘」とは、私がこうなりたい、こうでありたいと思うイメージです。 古木の机の抽斗を開けると、ころんと釘がひとつ転がり、他にはなにもありません。 それは、小説を読んだ時に残る感覚でもあるかもしれません。 釘は何かを作るときに用い、また壊すときには残ります。 ここで関わった方々の言葉も、またひとつの釘として、抽斗にしまい、またいつか使う日が来る。そんなふうになればいいかと思います。
プロフィール
id:hakuhacu
ブログ投稿数
28 記事
ブログ投稿日数
28 日
読者